「島津義久」公、晩年の城である鹿児島「国分城」

島津家第十六代当主である島津義久は、秀吉の九州征伐以降、「富隈城」そして、「舞鶴城(国分城)」へと本拠を移した。
義弘の代になっても、影の権力者としての存在感を示した義久であったが、
関ヶ原の合戦後の十八代当主、忠恒(後の家久)の時代には、国分(現在の鹿児島県霧島市)にまで居を移し国政への影響力を徐々に薄めることになる。
島津久信を十八代当主として推したことで、後に忠恒からの脅威をかわすために国分へ転じた等、様々な説が存在するが、薩摩大隅の国境防衛、タバコの生産奨励など現在の霧島市の礎を築く。
現在でも、深夜営業を含む規律、そして、この街の教育は特に厳しい。
それは、島津義久公の薩摩精神教育からくるものではないだろうか?

国分新城や舞鶴城とも呼ばれる霧島市「分城」
鹿児島県霧島市・国分城(舞鶴城)

島津四兄弟の主柱である国分城主「島津義久」の歴史

戦国大名のパイオニアとして絶大な人気を誇る島津四兄弟。
その四兄弟の長兄が国分城主である「島津義久」である。
弟である次男「島津義弘」と比較されやすい義久であるが、義弘にはないカリスマ性を持つ。
九州制覇戦においても、先頭に立ち軍を引っ張る「義弘」に対し、「薩摩の風に送られて・第1章~風立ちぬ」でも見られるように、国元でどっしりと安定感のある総指揮を執る「義久」。
豊臣政権においては、秀吉を一線を引くことで島津の威厳を保ち、関ヶ原の戦いにおいても東西いずれも組せず。
不仲説も噂される兄弟であるが、豊臣、徳川という中央政権に対し島津家を守るという面においては、この両殿体制というものが機能した。
軍事においての将軍である義弘であるが、島津義久こそ真の大将である。

島津義弘と薩摩の旅、随時掲載中
小説・薩摩の風に送られて・目次


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です