①島津北上!九州制覇戦の始まり

天正14年(1586)、関白秀吉は中国の毛利、四国の長曾我部を降し徳川家康をも従えた。
ほぼ全国制覇である。
残るは関東の北条氏政、奥州の伊達政宗、そして九州・薩摩島津氏の島津義久、義弘のみとなった。
これまでの九州は、豊後の大友宗麟をはじめ、肥前の竜造寺隆信、薩摩・大隈の島津義久、義弘を中心に三国が凌ぎを削り後に九州三国志と謳われるようになる。
その後、状況は一転。
均衡を破ったのは島津であった。
島津は長男当主の島津義久を筆頭に、島津義弘、島津歳久、島津家久と稀代まれにみる名将で島津四兄弟と恐れらた。
義久は本国にてどっしりと構え、義弘は前線にて指揮をとる。
薩摩から大隈、日向の三州を統一し、九州三大勢力の一角を占めるほどに成長。
いよいよ九州制覇戦へ突入した島津軍は、いっきに北上を開始。
そして、九州最大勢力である大友宗麟と雌雄を決する日が訪れた。
九州制覇戦の3大決戦のひとつ「耳川の戦い」である。

②九州席巻耳川の戦いと「沖田畷の戦い」

数倍の大友軍に敗走と見せかけ後退を繰り返す島津軍。
”島津恐れるに足らず”
大友軍は勢いに乗り島津軍を追撃した。
しかし、これは罠であった
事態は急変。
耳川を超えた大友軍を島津軍が急反転し反撃を開始する。
残る島津隊も側面から大友軍に襲い掛かる。
世に言う”釣り野伏せ”である。
精強な薩摩兵。
大友軍を蹴散らすにはそう時間は必要としなかった。
大友宗麟は豊後に敗走。
島津軍の完勝であるとともに、ここに九州三国志の一角が崩れる。
その後、島津四兄弟は快進撃を続け遂に、竜造寺隆信を沖田畷の戦いで破り、九州のほぼ全土を制覇することで、九州制覇戦も終盤に入る。

九州制覇戦にも登場する「臼杵城」大分県臼杵市

島津四兄弟が率いる薩摩軍が、攻め寄せた大友家の居城。

西郷隆盛(西郷どん)が活躍する幕末期にも登場する「臼杵城」。

 

続きは、九州三国志②天下人、豊臣秀吉との対決

九州三国志☆島津義弘・外伝1 に戻る

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です