①九州平定間近の島津軍に、関白秀吉が激怒。

島津義久、九州をほぼ制覇。
この報は直ちに秀吉に届けられた。
大友宗麟が秀吉に泣きついたのである。
「これ以上は放っておけぬ、ただちに、九州に兵を送る」
秀吉の行動は素早かった。
九州征伐のはじまりである。
その数十万以上と伝えられ、中国の毛利、四国の長曾我部など西国大名を中心に
大軍団は九州に上陸した。
「猿面間者如き男が」
島津軍は、戦意旺盛である。
天正14年(1587)12月。
仙石久秀を軍監とした四国勢が九州戸次に上陸。
ついに豊臣勢との戦闘が始まった。
豊臣方は仙石秀久、長曾我部元親、信親親子、十河存保などを中心に四国勢が中心である。
一方島津勢は島津家末弟の島津家久を中心に迎え撃つ。

豊臣秀長軍率いる別働隊が進む日向の地

 

長宗我部元親、仙石秀久を主力とした大軍団が島津家に襲い掛かる。

島津の戦術。
いつもの如くお家芸”釣り野伏せ”である。
お約束通り一旦は攻めかかるものの、途端で引く。
釣り野伏せは弱兵では使えない。
強兵の島津軍団であるからこそ使える戦法であり、敵はそれにかかるのである。
案の定、仙石秀久率いる、仙石勢が突撃してきた。
仙石秀久は気が短く武功派であり、うってつけの相手であった。
秀久ではなく、長曾我部元親であればそうはいかない。
元親は歴戦の将であり、そうやすやすとは引っかからない。
南海の雄たる所以である。
突出した仙石勢を救うため、他の部隊も仕方なく突撃した。
しばらくの激戦が続き、こともあろうか仙石秀久が早々と敗走を開始。
変わりに災難だったのは長曾我部元親の嫡男、信親率いる長曾我部勢であった。
結局信親は討ち取られ、これが後に元親の人生を大きく変えることになる。
島津勢は果敢に戦った信親の遺体を長曾我部家に返し、そして称えた。
戦国、男の美である。
結局この戦いは島津軍の勝利と終わったが、皮肉なことにさらに豊臣軍の底力を
引き出すことになってしまうのであった。

 

続きは、九州三国志③第二次九州征伐~劣勢の島津四兄弟

九州三国志☆島津義弘・外伝1 に戻る


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です