①豊臣秀吉軍は大きく二方面より義久に迫る。

第一次九州征伐に大敗を喫した豊臣軍は、秀吉自らが腰を上げた。
秀吉軍は大きく二方面より九州に進軍し、
秀吉本体は熊本、八代より、別働隊は秀吉の弟、秀長が豊後、府内より薩摩を目指した。
その数二十万と伝えられる。
あまりの大軍に島津義弘は支えきれずと判断し、豊後からの撤退を始める。
そして日向高城をめぐり戦いが始まった。
勇猛で知られる島津忠長も援軍に現れたが、高城も支えきれず、島津軍が薩摩へ撤退。 八代からも秀吉本隊が進み、薩摩本国に危機が迫る。
迷う当主、島津義久。
島津義弘はじめ、義久を除く薩摩精強軍団は徹底抗戦の構えを崩さない。
秀吉軍がせまる中、義久決断の時が迫る。

島津義久、無念の降伏 ※画像は川内戦国村

 

②大将「島津義久の決断」

八月、秀吉は肥後佐敷から出水に入った。
「一層の事、戦って果てるか」
「ここまで堂々と関白相手に戦った事で十分ではありませぬか」
義久と家臣とのやり取りが続く。
「関白に会おう・・・」
義久は遂に決断した。
既に川内には、秀吉軍が入り泰平寺を本陣としている。
そして、泰平寺にて義久が秀吉の前に進んだ。
〈このような男が関白なのか・・・猿〉
義久はプライドが高く、心底、力の違いを悔やんだ。
秀吉が判断を下した。
秀吉の答えは薩摩一国のみの安堵であった。


続きは、九州三国志④第二次九州征伐~劣勢の島津四兄弟

九州三国志☆島津義弘・外伝1 に戻る


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です