「島津忠長」が、「長曾我部盛親」の九州連合取り込みに成功。

四国制圧軍の総大将である島津忠長が、長曾我部盛親の九州連合入りを認めた。
そして、盛親を従えて伊予への侵攻を開始する。
忠長が盛親に話し掛ける。
「盛親殿、四国の事は隅々まで知っていよう。頼みまするぞ」
「お任せ下され。島津家には恩がござるゆえ、それに報いるためにもそれがしに先陣をお任せくだされ」
秀吉の九州征伐のおり、南海の雄、長曾我部家は秀吉に従い海路より日向戸次に攻め入った。
長曾我部軍は先代の元親と、嫡男の信親がこれに従った。
信親は盛親の兄である。
その時、豊臣方の武将である仙石秀久が、元親の諌言を聞き入れずに突撃を掛け、島津の釣り野伏せにかかる。
それを救出するため元親率いる長曾我部軍も止むを得ず突撃した。
元親は四国で九州に近い。
当然、島津の釣り野伏せの噂をよく耳にしており、罠だと見切っていたのである。
元親は、戦国を代表する野心家であったが、義にも厚い。
秀久を見捨てる事が出来なかったのであろう。
そして、その軍勢の中に信親が加わっており討ち死にしている。

四国の名城「今治城」

南海の雄「長曾我部元親」を父に持つ盛親は、島津家に恩義があった。

島津軍は、盛親の奮闘振りに敬意を表し、丁重に弔った後、長曾我部家に遺骨を返したという経緯がある。
通常であれば、島津を恨むのは当然である。
しかし、盛親は戦国武将である。
島津は、敵として戦ったに過ぎず仕方なしと理解し、むしろ、その敵将の遺骨を丁重に返したという事に感銘を受けていた。
そういう経緯もあり、盛親の奮闘は目覚しいものがあった。
戦国時代の南海の雄、元親がのり移ったかの様であった。
ここ四国においても、長曾我部軍の活躍もあり島津軍は伊予を難なく制圧した。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です