「小早川秀秋」と「京極高知」は、出雲方面へ敗走する

山陰決戦にて勝利した島津勢は、このまま東へ快進撃を続けた。

敗れた毛利勢は、総大将の毛利秀元が山陽安芸方面へ撤退し、小早川秀秋、京極高知は、出雲方面へ敗走。

島津勢の急激な追撃に、小早川軍、京極軍は追い着かれ対陣状態となっていた。

忠恒は、この両部隊を殲滅するつもりでいる。

とは言っても両者の理由は違う。

京極高知の場合は、完全に徳川派であり味方になる可能性は低い。

そして、小早川秀秋の場合は前者と理由が異なる。

味方になる可能性は高いが、また裏切る可能性も高い。

忠恒はじめ、島津家はそういう行為が一番許せないのである。

案の定、小早川秀秋からの使者が書状を持って現れた。

内容は以下の通りである。

・ 小早川家は、徳川家に付いたが、脅され止むを得ず付いたに過ぎない。

・ 小早川家としては、島津家と戦う気はないため、所領である筑前名島を返して欲しい。

これを見て忠恒は呆れた。

「島津忠恒」は、戦国武将としての誇りを汚す「小早川秀秋」を追撃。

「もどられて、秀秋殿に伝えよ」

「貴殿の生涯最後の戦となるであろうから、心置きなくかかってこられよ・・と」

冷たい死の宣告である。

忠恒が叫ぶ。

「陣形、鋒子の陣」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です