島津家中興の祖「島津忠良」(しまづただよし)

伊作島津家(現在の日置市吹上町)の出身である島津忠良により、義久、義弘を中心とした戦国島津家が誕生する。
父「善久」の死により、相州家当主「島津運久」の養子となることで、1512年に忠良は、伊作家そして、相州家の当主となる。
その頃、島津宗家の継承者争いが絶えなかった。
忠良は、宗家となった島津勝久(頴娃忠兼)と勝久の支援者であっものの宗家を狙う「島津実久」との争いに巻き込まれる形で、宗家の勝久を支援する。
勝久の養嗣子として子の「島津貴久」を送り込み、貴久を宗家当主とすることに成功するも、不安定な状況が続いた。
後に、島津実久、島津忠辰を破り、ようやく貴久が真の宗家当主となったのは、1539年の事であった。
忠良は、日新斉と名乗り隠居するも、貴久と共に三州統一に乗り出す。
特に、大隅における祁答院良重の岩屋城を攻めた「岩屋城の戦い」においては、忠良、貴久と義久、義弘兄弟が一堂に揃ったのは有名である。
以降、義久、義弘、忠恒と九州の雄として全国に名を轟かす戦国島津家であるが、忠良が「島津家中興の祖」と呼ばれる所以である。

伊作島津家と加世田氏

日新公「島津忠良」を祀る加世田「竹田神社」(たけだじんじゃ)

島津忠良(日新公)を祀る「竹田神社」は、明治の廃仏毀釈時に同じく忠良の菩提寺であった「日新寺」の跡地に建立された。
「日新寺」から「竹田神社」のほか、「心岳寺」と「平松神社」。
「妙円寺」と「徳重神社」など。
廃仏毀釈は薩摩にみられる特徴の一つである、
現在は、竹田神社としてパワースポットと話題になっているのは、
境内のイヌマキの並木道「いにしへの道」である。
「日新公いろは歌」四十七石碑が並び、訪れた者を賢者の気分にさせる。
また、毎年7月23日には竹田神社夏祭りが開催され、県指定無形文化財の士踊りが奉納される。

島津忠良と竹田神社

いろは歌「いにしへの道」と島津忠良「日新公」

禅を極め、「いろは歌」でも有名な忠良は、いろは歌を通じて島津四兄弟(義久・義弘・歳久・家久)を教育する。
後に、薩摩の郷中教育と広まっていくことになるのである。
加世田の竹田神社といろは歌の想い「いにしへの道」は、鹿児島の観光スポットのひとつとなっている。

仏神他にましまさず人よりも 心に恥ぢよ 天地よく知る

鹿児島県南さつま市加世田武田

島津中興の祖「日新公いろはかるた」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です