東西決戦を長引かせるため、「島津義弘は、関ヶ原へ出陣。

それと同時に、世継ぎの島津忠恒、島津忠長を主とした九州制覇軍が北上を開始。

そして遂に最強の策士、黒田官兵衛孝高と激突する。

第4章 九州制覇[目次]

1  九州大乱

2  釣り野伏せ

3  深謀冷徹

4  島津参上

5  敵か?見方か?

6  宇土略奪

7  鍋島家

8  最強の策士

9  虚実の府内城

10 擬 傷

11 決 着

12 九州所領割り

13 老華散る

14 九州制覇

全体の目次を見る