①黒田如水を警戒する「島津忠長」。

忠長は大友吉統への使者に、島津以倍を差し向けた。
吉統が感謝の言葉を述べるが少々ぎこちない。
「以倍殿、こたびの援軍かたじけのうござる」
以倍が答える。
「吉統殿、よくこの黒田の大軍を今まで凌ぎなさったな。大したもんでござる」
「いやいや、島津殿の援軍が来ると聞いて、如水も攻めきれなかったのであろう」
「して、島津殿の策をお聞かせ願おうか?」
以倍は、吉統が落ち着かないことに違和感を感じた。
もともと如水相手に、吉統がここまで持ち堪えている事自体、不自然である。
<何かあるな>

②大友吉統の不可解な言動!

以倍は、独断で本来の策と全く違う策を話し始める。
「まず、我らは五千の兵にて府内丘裏より夜襲をかける」
「そして、本隊は府内丘前方に移動し逃げ降りてくる黒田軍を一毛打尽にする」
「大友軍は、さらに逃げる黒田軍を東より包み込んでもらいたい」
吉統が答える。
「おう! 我が大友軍が一千丁の鉄砲で如水を討ち取ってやるわ」
<一千丁・・!>
以倍は確信した。吉統が如水と通じている事を。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です