①伊藤祐兵に島津のお家芸「釣り野伏せ」が炸裂。

翌朝肥沃城近くに、島津方の将の一人、川上忠克が百人程の少人数にて城下を焼き払いに出撃した。
城より数百の伊藤勢が討って出るも島津勢が逃げる。
伊藤勢が城へ引き上げることを確認し、忠長が指令を出す。
「まだ少ない、今少し兵を誘き出せ」
昼過ぎ、また島津勢が少人数にて城下を焼き払った。
城より数百の伊藤勢が討って出ると、またまた島津勢は逃げる。
こんなことを何回か繰り返し続けた。
夕方になり、再度島津勢が城下を焼き払うと、遂に伊藤勢が五百を超える兵を押し出し、
本格的に島津勢に襲いかかって来た。
島津勢が意図的に遅れながら逃げる。
本陣より見つめる忠長が吼える。
「とうとう来たな」
島津軍前衛の目の前に、逃げる島津勢を追うように伊藤勢が迫ってきた。
「よし! 左右へ開け」
左右に開く島津勢を見た伊藤勢は、島津が逃げたものと勘違いし調子に乗り深追いしてきた。
その後、伊藤勢の後方から黒十字の旗がなびく。
前日、山林に姿を隠した隊である。
黒十字は薩摩島津の紋章である。
「しまった! 囲まれたか」

日南市「飫肥城」

②島津忠長、伊藤祐兵率いる伊藤軍の殲滅を画策する。

伊藤勢が気付いた時には、周りは全て島津勢に囲まれていた。
忠長が冷酷に言い放つ。
「城方の伊藤勢にも見えるよう、ゆるりと殺れ」
島津勢は伊藤勢を囲みながらも、一気に攻めない。
殆ど、なぶり殺し状態である。
暫くの間、この残酷ともいえる殺戮が続いた。
この状況に、城方の祐兵の我慢が限界に達した。
「囲まれておる我が兵を救出せよ」
城方の伊藤勢が討って出る。
これを“待ってました”とばかりに、島津方の種子島久時が城より討って出た祐兵本隊を迎え討つ。
久時が敵将、伊藤祐兵を討ち取るにはたいした時間は必要なかった。
ものの見事に祐兵は、島津の策略に引っかかったのである。
餌さである少数部隊が相手を煽り、わざと引く。
そして相手が飛び込んで来た所で伏兵が退路を絶ち、袋の鼠状態にする。
これが世に言う島津の“釣り野伏せ”である。
明軍二十万を破った朝鮮の役でも、釣り野伏せをマクロ的に応用している。
今回もこのお家芸にて伊藤家を短時間で壊滅に成功。
日向南部の制圧に成功したのであった。

早く咲く飫肥城の梅

2件のコメント

第10章・⑨釣り野伏せ・改 | 家康に言葉での「釣り野伏せ」を仕掛ける島津義弘 · 2022年2月27日 3:37 PM

[…] 徳川家康は、己以外の諸将が、何やら企んでいる事に気が付き始めた。そこで、島津義弘が静かに呟く。「釣り野伏せ」家康は、視線を義弘に向けた。<はあん、つりのぶ・・>家康が、はっと気が付いた。<しまった>義弘をはじめ、他の諸将達は、敢えて家康の調子を乗らせ、ボロを出させるのが狙いであった。つまり、言葉での「釣り野伏せ」を仕掛けたのである。そこに、前田利長が冷たく言い放つ。「家康殿は、証拠もなく噂のみでこの前田を謀反扱いしたが、家康殿も、噂のみで謀反扱いにしてもよいという事ですな」家康の表情に、先程までの余裕がなくなっていた。普段は、言葉少ない上杉景勝が口を開く。「前田殿、秀頼様の許可があれば、会津・・ではなかった、江戸征伐を行ってもよいのではあるまいか」景勝が、利長に微笑みかけた。「それに藤堂高虎殿が、前田家謀反の噂を本多正信より指図されたと言っておりまするが」家康の顔が、真っ青になった。<高虎め。しかしなんでじゃ> […]

スズメバチとの激闘日記 · 2022年9月6日 10:48 PM

[…] ⑤5日目いよいよ本日、決着を付ける日が来た。戦術は無論「釣り野伏せ」である。「釣り野伏せ」とは、薩摩「島津家」のお家芸である。防御壁を外すと、ボロボロと討ち死にしたハチが落ちてくる。その数、およそ五百。そして、遂にわずかであるが親衛隊が討って出てきた。しかし、そこには、予め仕掛けておいたネットが待っている。可哀そうではあったが、心を鬼に静かに討ち取った。すかさず外の出入り口を見ていると大きなハチが。これは、まさか「女王バチ」か?それにも非情にもスプレー砲が襲い掛かる。 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です