①「島津忠長」が伊藤祐兵を破り、九州諸大名が島津に靡く。

伊藤祐兵を破ったことで日向の大小名、豪族達が挙って島津に降った。
特に大きな勢力としては秋月種長である。
種長は九州制覇戦より島津と縁深く、早々に降ってきた。
北九州ではやはり、黒田如水が動き出す。
如水は、元大友の所領、府内に侵攻し大友吉統と交戦中。
そして加藤清正が、犬猿の仲である小西行長の宇土城を攻めている。
しかし行長自身は軍勢を率いて関ヶ原に参陣しており、宇土城にはわずかな守備兵しかいない。
行長のいない宇土城留守居役の小西幸影は島津に助けを求めた。
島津忠恒は、要請に応え宇土城の小西家を救出すべく薩摩を出立。
小西家が助けを求めてくることは忠恒の想定内であったのである。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です