伊達政宗・蠢動

薩摩より早く、豊臣秀吉の死に反応した男が奥州にいた。奥州の独眼竜こと伊達政宗である。
伊達成実、片倉影綱と共に一度は頓挫した想い、再び天下取りに乗り出す。

第2章 奥州の独眼龍[目次]

1.天下取りの夢
~奥州の独眼竜、伊達政宗の血が騒ぐ

2.風雲急の奥州
~伊達政宗の天下を夢見る伊達家臣団

3.口実の和賀一揆
~南部領に和賀一揆が勃発

4.南部攻め
~若き将、南部利直が対峙

5.両軍対峙
~南部信直、自ら本隊を率いて岩崎丘に着陣

6.岩崎決戦
~伊達家の至宝「騎砲隊」、初披露

7.信直敗走
~南部信直、北への退路を断たれ安俵城へ入る

8.包 囲
~初めて騎砲隊を見た歯ぎしりする南部信直

9.決 着
~伊達からの使者に「大内定綱」現れる

10.薩摩よりの使者
~動乱の中、遥か南国からの使者が到着する

11.新たなる野望
~南北の両雄が志をひとつに

全体の目次をみる