その夜、騎砲隊が夜陰に紛れて移動を開始した。

なるべく迂回し、朝が来るまでに港へ出る。

そこには、伊達、南部の水軍が待機している段取りとなっている。

船に乗り込む際、誰かに見られてはならないため、黒脛巾が目を光らせる。

見た者は、だれであろうと容赦なく斬り捨てる。

朝となり無事、騎砲隊が全て船に乗り込んだ。

騎砲隊と一緒に、成実と路案内のため佐竹の兵も少々乗り込んでいた。

南部水軍は、いささか元気がない。

当主、利直の安否が分からない。

<わしが行っておれば>

成実の後悔は変わらない。


1件のコメント

第9章・⑤秋田水軍を待つ | 秋田季実率いる「秋田水軍」の到着と乾坤一擲の賭けに出る政宗 · 2022年2月20日 9:22 PM

[…] 今回は、次回は、南部利直が気掛かりな「伊達成実」の心中はいかばかりか? 「第9章・6・成実の後悔」を掲載します。 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です