「島津忠恒」は、九州を掌中に収め、中国への侵攻を開始する。

秀頼が大坂城を出る前日、福島正則が清洲から周防長門に移封のため清洲城を後にした。

清洲城には、九州に帰り場所がなくなった黒田長政が入った。

そして九州では、版図拡大のため島津忠恒が九州門司より中国の橋頭堡、下関へ進撃を開始した。

その数三万。

その中には、新たに九州連合に加わった鍋島直茂もいる。

本来ならば毛利勢が迎え討つのが当然であるが、周防長門を没収され福島正則に明渡さなければならない。

余所の所領になるものを、死守する必要はなかった。

周防、長門を荒らされ激怒する「福島正則」と激突。

島津勢は、難なく各拠点を落とし、数日間で瞬く間に長門を攻略したのであった。

島津勢は、ついで周防の宇部城を囲んだ。

それを聞いた福島正則は、鬼の形相で駆け付けてくる。

忠恒が城の囲みを解いて引き出した。

「全軍、小野田ヶ原まで兵を引け」

そして島津率いる九州連合と、新領を荒らされた怒りに燃える福島正則との決戦が始まろうとしていた。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です