家康が天海を呼びつけた。

天海が部屋に入り、家康の心を見透かしたかのように話す。

「家康殿、迷っておられるな」

家康は、豊臣方の思惑を風の噂で聞いている。

豊臣方というより、島津がという事も。

「おのれ、義弘め」

手の爪を、噛む癖が始まる。

家康は、苦労の人生を回想した。

幼少より今川義元の人質となり、解放されると織田信長がいた。

信長が、本能寺で明智光秀の謀反で世を去ると、今度は羽柴秀吉(後の豊臣秀吉)が立ちはだかった。

海道一の弓取りと評されながらも、二番手に甘んじてきたこの男は、決して天下取りの野望を諦めることなく、

着実に実力を付け辛抱強く好機を待ち続けた。

今回も三成を利用し、豊臣恩顧の武将の分裂そして、前田家、佐竹家をはじめ対抗勢力の牙を抜き、全てが計画通りに進んでいた。

しかし、又もあと一歩の所で思わぬ敵が現れた。

<まだ終わったわけではない>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です