家康は、決して諦めた訳ではない。

しかし、家康の下に次々と凶報が届く。

その中に、加藤嘉明が密かに加藤清正に内通しているという情報があった。

家康は、危機を感じた。

<豊臣恩顧の武将が雪崩式に・・・>

嘉明が清正に通じたという事は、他の豊臣恩顧の武将も通じている可能性が高い。

「やはり行くしかないか」

家康は、遂に金沢へ向う決断をした。

暫く沈黙が流れ、天海が一言囁き、静かに部屋を出て行った。

「島津にやられましたな」

戦況は不利な方向に傾いたが、そこには、「迷い」から「辛抱」に変化した、いつもの「粘りの家康」が戻っていた。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です