関ヶ原の戦い「島津の敵中突破」で有名な「島津義弘」公を祀る・精矛神社(くわしほこじんじゃ)

関ヶ原の戦い後に、家督を子「島津忠恒」(後の十八代当主「島津家久」)に譲り、自身は、加治木(鹿児島県姶良史加治木町)に隠居する。
義弘の神号は、精矛厳健雄命(くわしほこいずたけをのみこと)。
義弘の神号から精矛神社(くわしほこじんじゃ)と命名された。
精矛神社は、現在、加治木島津家十三代目当主「島津義秀」氏が宮司を務め、当時の郷中教育である舎を継承し、青雲舎を設立。
毎週末敷地内の自顕流道場には時代を切り裂く叫び声がこだまする。
春の桜の開花時は、特に美しく、お花見スポットとしてお勧めです。

鹿児島県姶良市加治木町日木山311

敷地内には、義弘公にまつわる歴史の品がたくさん

①朝鮮の渡航時、船の重石として使用した石臼

太閤秀吉による朝鮮の役にて、朝鮮半島を渡る船の重石として使用したもの。

②朝鮮伝来の手水鉢

朝鮮半島へ向かうときは、人や兵糧などの重みで船は安定するが、帰りは、人も兵糧も少なく船が軽く安定しないために石を積み込んでバランスをとった。

精矛神社の 『ど根性桜』

精矛神社の敷地内には、
平成十六年(?)の台風で倒れた桜の木が存在する。
度々写真家が訪れ、いつしか”ど根性桜”と呼ばれるようになった。
平成七年(?)に一度復旧したが、再び倒れ、平成十八年の春は、
倒れたまま桜の花を咲かせ、人々を驚かせた。
ここ精矛神社の空間は誠にすばらしい。
その力を得て、春には、見事な花を咲かせるであろう。
本記事を閲覧された日に、この桜の木が存在するかどうかは、保証できません。

島津義弘公祀、精矛神社の「ど根性桜」

加治木町『精矛神社 』を訪ねて

私が、鹿児島を訪れたのは、2002年の時であった。
(実際には、2回目であったが・・)
島津家(特に島津義弘公)に興味があったことから、当時のライオンズクラブO様に案内していただき、精矛神社を訪れた。
当時は、関ヶ原、敵中突破400周年の幟が数多く建てられ、気持ちが高ぶった記憶が今でもはっきりと覚えている。
(今でも、頂きました幟は、我が家に宝物として飾ってあります。)
さらに、宮司であり、加治木島津家十三代目当主「島津義秀」氏とお会いした時には、緊張のあまり大汗をかいた。
島津宮司に、義弘公と精矛神社そして、自顕流(じげんりゅう)の話をして頂く。
『薩摩の風に送られて』を出版していた私は、自顕流と示現流の違いすら分かっていなかった。
(来てよかった。)
それから、数年間、鹿児島県との地域交流を繰り返し石川県/鹿児島県地域文化交流会を設立。
島津家庭園「仙巌園」にてイベント「仙巌園物語~未来へ奔るアートの共演」を開催するに至る。
そのプレイベントとして、ここ精矛神社にて「薩摩琵琶とアートの共演」を開催した。
自顕流の使い手であり、薩摩琵琶の奏者でもある義秀宮司に薩摩琵琶の演奏をお願いし、無事にイベントを終えることが出来ました。
島津義秀さん、鹿児島、そして加治木町の皆様に心より感謝申し上げます。

加賀和紙がつくりだす空間の中「薩摩琵琶」が響き渡る


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です