関ヶ原の戦い「捨て奸(すてがまり)」、悲劇の猛将「島津豊久」

1385年に石屋禅師が建立した妙通寺を天昌寺と改名した曹洞宗の寺院。
「関ヶ原の戦い」における敵中突破時に「捨て奸(すてがまり)」を決行し華々しく散った島津豊久の砂土原家は、家康から日向砂土原を没収された。
その後、砂土原家の家臣達が永吉に移り、豊久と日吉島津家の菩提寺として正式に天昌寺とする。

天昌寺跡(鹿児島県日置市吹上町永吉)


敷地内には、大きな蟹達が何かを訴えかけるように足元に近づいてくる


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です