「島津義弘の突然の行動に徳川家康、石田三成が困惑。

徳川本陣より、井伊の紅備えが前衛に出て来た。
「紅備えが突っかけてこんうち、退却にはいるど」
島津勢が長寿院盛淳を先頭に西軍の宇喜多勢に攻撃を開始した。
石田三成は動転する。
「島津が東軍についたぞ!」
宇喜多勢が反撃を開始した。
宇喜多秀家が不思議そうに呟く。
「義弘殿ともあろう方が、なぜ」
島津勢と宇喜多勢の戦闘が続く。

島津豊久を先陣に、後の語り草となる「島津の敵中突破」が始まる。

しかし、いきなり後陣を勤めていた豊久が急に反転し、正反対の東軍へ矛先を変えた。
このため西軍への攻撃には、通常は先陣を承るはずの豊久が後備えになっていたのであった。
島津勢の全てが反転する。
これで通常の鋒子の陣になった。先鋒は豊久、二陣は山田有栄、本陣の義弘、しんがりは盛淳である。
家康も驚く。
「西軍に突っかけたと思ったら、今度はこっちに来たぞ」
<一体、島津は何を考えておるのじゃ>
東軍は立ち塞がったが、少々意表を付かれた事もあり対処が遅れた。
家康が叫ぶ。
「何をしておるのじゃ。はよう押しつぶせ」
東軍の諸将は、島津の怖さを知っている。
押しつぶすどころか、道を開きだす。
それを見て、慌てて本多忠勝が立ちふさがり、ここで初めて激戦になった。
井伊の紅備えと同じく、徳川最強部隊として名高い本多勢が押され始めた。
二十倍以上の明軍を撃破する島津軍であり、突破するだけであれば、さほどの問題はなかった。
そこに、島津を追いかけてきた、宇喜多勢が東軍に雪崩込む。
島津勢に加え、西軍までもが入り乱れ、乱戦が始まった。
豊久が笑いながら叫ぶ
「とうとう始まってもたわい」
まるで、ひと事である。
義弘が撤退の合図を出す。
「わしらは邪魔じゃて、そろそろ抜けるど」
それと同時に島津勢は右へ方向を変え、伊勢街道を南へ立ち去ってしまった。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です