土佐は我が父「長曾我部元親」が命を賭け切り取った地。

土佐浦戸を島津から返還された長曾我部盛親は、所領没収の話を聞いた。

「誠か?減封でなくて没収か?」

盛親は納得がいかない。

「殿、如何致しまするか?」

長曾我部盛親、この危機をどう切り抜けるか。

家臣が問いただした時、丁度一人の男が入ってきた。

「勝手に入るぞ」

盛親の叔父の香宗我部親泰である。

親泰は、先代元親の四国統一における最大功労者である。

「盛親殿よ。島津にすがれ」

この親泰の言葉で、長曾我部家の方針が決まった。

長曾我部家は、島津の九州連合入りを決めた。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です