関ヶ原で勝利を収めたものの、肝心な石田三成の首がない。

家康が大坂城入りしてから間もなく、中原における西軍の残存勢力一掃がほぼ終わった。

残る中原付近勢力としては、毛利輝元の中国、宇喜多秀家の備前美作のみである。

秀家は命からがな備前に逃げ戻り、岡山城に篭城している。

この時、丁度秀忠率いる中山道を進んでいた別働隊三万が大坂城に着いた。

家康の機嫌は悪い。

「この馬鹿者めが、一体何処を寄り道しておったのじゃ」

「申し訳ござりませぬ。真田の信州上田城攻めに手間取っておりました」

「父上、しかし良いものを持って参りました」

「なんじゃ!」

遅参で大目玉を食らう徳川秀忠は、本田正信に目配せした「他言はしておりませぬ」

家康が驚く。

「これは、三成ではないか?」

「はっ、なりゆきで殺してしまいましたが、他言しておりませぬ」

秀忠軍が関ヶ原に到着した時は、既に勝敗がついた後であった。

本多正信がこの失態の代償として三成の身柄をと、秀忠に進言した。

そのおかげで、家康の怒りは多少和らげる事が出来た。

今、三成が死んだと分かったら、福島正則以下、豊臣子飼いの武将の怒りが覚めてしまい、家康に反旗を翻すは必定。

そのためにも、三成は今暫く生きておる事にしなければならない。

「秀忠!正信に感謝致せ」

家康はどうせ秀忠ではなく、正信が知恵を与えた事を見抜いていた。

第6章 目次へ戻る


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です