中国地方では、毛利勢に加えて徳川秀忠が大軍を引き連れて、島津の東進阻止に出た。
目的は、家康が独連を破って引き返してくるまでの時間稼ぎである。
しかし、秀忠は、そうは考えていない。
関ヶ原の遅参が、脳裏から離れず汚名返上の機会を狙っていた。
しかも、兵力的にも優位に立っている。
それを感じとった榊原康政、本多正信が上田城攻めの時と同じく諌める。
「絶対、なりませぬぞ」
正信が、強く秀忠に言い聞かせる。
康政も、同じく秀忠の行動を懸念した。
<このままでは、秀忠を煽りたてる諸将も出てくるな>
康政は、諸将達にも硬く言い伝えた。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です