①島津忠恒、伊集院忠棟を成敗する。

京の伏見島津屋敷にて事件が発生した。
義弘の子、忠恒が島津家の重臣、伊集院忠棟を殺害する。
伊集院忠棟、島津家重臣であるが、豪勇な島津では珍しく老獪な男であった。
また、石田三成と通じており、打倒家康の暁には九州にて五十万石独立大名として知行を貰う手筈となっていた。
主家島津家に対しての背信行為である。
その情報を入手した忠恒が、忠棟を呼び出し今回の事件に至った。
それに、激怒したのが石田三成である。

②怒る「石田三成」、忠恒を詰める。

「忠恒殿は何処に」
島津屋敷に現れた三成に忠恒の家臣が答える。
「石田治部少輔様でござるか。どうぞこちらへ」
忠恒が何食わぬ顔で話し掛ける。
「おう、三成殿か!? 如何なされた?」
「如何なされたではござらぬ。なぜ忠棟殿を成敗なされたか理由をお聞かせ願おう」
「これは島津の問題でござる、貴殿に説明する必要はござらぬが・・・」
「島津の問題であろうと、忠棟殿はそれがしと共に豊臣政権の政務を行っておる」
「それにここは天下の伏見城。知らぬでは済まされぬぞ」
怒る三成に対し忠恒が挑発的な態度で応える。
「では、如何致す所存か?」
「明日、審議を行うゆえ、本丸へ来ていただこう」
忠恒は憮然とした表情で応える。
<ふん>
「分かり申した。そのように致す」
三成が重臣の舞兵庫に指示を出す。
「兵庫、島津は東に付くつもりじゃ、忠恒の監視を怠るな」

続きを読む
第1章・九州の覇者 目次へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です