①井伊直政の後に、黒田長政、池田輝政、浅野幸長が続く。

物見の兵が叫ぶ
「徳川軍が、姿を現したぞ」
独連陣内が慌しくなった。
政宗が声をあげる

「来たか!!」

徳川軍が遂に姿を現した。
紅の軍団、先鋒は井伊直政である。
井伊の紅備えが川向こうに陣取りを完了すると、後続部隊も次々と陣取りを始めた。
その中には、黒田長政、池田輝政、浅野幸長などの歴戦のつわものもいる。
何時か過ぎて、徳川軍は全布陣を完了した。
家康本陣は後方の丘に陣取っている。
影綱が政宗に話し掛ける。
「家康も、小細工無しで正面から来るつもりですな」
政宗が静かに頷いた。
「うむ」


続きを読む
第8章・関東争奪戦 目次へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です