相馬家の行く末、そして奥州の行く末を政宗に賭けた「相馬利胤」

奥州独立連合「南部利直」「鬼庭重元」と共に福島城を狙う。

利直、利胤は策を練った。
練ったというよりは、事前に利直が考案していたのである。
「承知した、お任せ下され」
策の詳細はこうである。
利直率いる独連軍が福島援軍に駆け付けた相馬軍を攻める。
敗走する相馬軍を追撃すると偽り、そのまま福島に攻め入ると言うものであった。
翌朝、独連軍が作戦の実行に移った。
予定通り独連軍が相馬軍を攻め立てる。
一応のところ一日程度攻め立て、二日目に相馬軍が偽りの敗走に入った。
「上杉の間者の目にはどう映りましたかの?」
利直が鬼庭重元に問い掛ける。
「なかなか上出来であったと思いますがの。利胤殿の敗走もなかなかの演技でござった」
「よし、我らも相馬軍を追うと見せかけ、福島に攻め込むぞ」
こうして、利直率いる独連軍も福島に進撃。
福島の上杉勢は、意表を突かれた形となり城下乱入を許してしまった。
混乱する福島城は、独連軍と新しく加盟した相馬軍によって包囲されることになる。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です