一歩も引かない、上杉景勝、直江兼続の最強主従コンビ。

直江兼続曰く「もともと、さらに大軍である徳川家康と一戦を交えようとしておった」

予想通り、直江軍は城より出て陣を張っていた。
自信の表れか。
まるで白兵戦を望んでいるように。
ここより一歩も米沢に入れさせないという構えである。
「やはり、野戦にて勝負するつもりか!さすが直江山城、そうでなくては面白くないわ」
山城とは、兼続の国司官位である山城守である。
米沢峠に奥州の両雄である伊達軍、上杉軍が対陣した。
伊達側は魚燐の構え、対する上杉側は鶴翼の陣にて構えている。
影綱が政宗に怪訝な顔を向ける。
「上杉が防御体制というのは解せませんな」
典型的な攻撃型である上杉軍が防御の陣形を引くには何か罠があると考えなければならない。
政宗は、暫く様子を見る事にした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です