①陽動作戦!九鬼水軍が上流へ向かう。

政宗の下に使い番が駆け込む。
「下流より小船の集団が向っておりまする」
下流にも別働隊を回してあるが、小舟船団の侵入を阻止出来ず突破されていた。
船団が浅瀬にも関わらず、独連前衛の中央まで進む。
独連方は鉄砲を撃ち掛けたが、船の独連方向側に壁が建っている。
独連方の鉄砲射撃を壁で阻みながら、船側の反撃が始まった。
逆に、独連側に鉄砲を撃ち込んでくる。
そこに徳川方の池田勢が中央に斬り込んで来た。
独連側は激しく応戦するが、池田勢も怯まない。
徐々に独連前衛側中央に迫り、遂に柵を破壊するまでに至った。
政宗の下知が飛ぶ。
「本陣より前衛中央に援兵を送れ」
独連方が少し押し返したが、まだまだ激戦が続いている。


続きを読む
第8章・関東争奪戦 目次へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です