関ヶ原の合戦、島津の退き口で有名な「島津義弘」公を祀る・精矛神社

島津家十七代当主、島津義弘公祀の神社敷地内に、

平成十六年(?)の台風で倒れた桜の木が存在する。

度々写真家が訪れ、いつしか”ど根性桜”と呼ばれるようになった。

平成七年(?)に一度復旧したが、再び倒れ、平成十八年の春は、
倒れたまま桜の花を咲かせ、人々を驚かせた。

ここ精矛神社の空間は誠にすばらしい。

その力を得て、春には、見事な花を咲かせるであろう。

精矛神社(くわしほこじんじゃ)

鹿児島県姶良市加治木町日木山311

島津義弘公祀・精矛神社(くわしほこじんじゃ)


島津義弘と薩摩の旅、随時掲載中
小説・薩摩の風に送られて・目次


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です