「時間がない」焦る徳川家康。

東軍総大将の家康陣内にて、意見が割れた。

今暫く様子を見るか、それとも動くかである。

家康が爪を噛み、考え込む。

<時間がない!!!>

家康は、井伊の赤備えこと「井伊直政」に島津攻撃命令を下す。

「直政! 諸将を引き連れ島津を攻撃しろ」

とうとう家康の方がしびれを切らした。

<政宗が独立行動に出た。こうしてはおれん>

北では伊達、南は島津が動き出した以上、家康はこれ以上西軍と対峙している余裕がなかった。

「島津もろとも、西軍に攻撃を開始する」

家康が使い番を呼ぶ。

「福島正則に、直政が島津に攻め掛かると同時に、西軍に攻撃を開始しろと伝えよ」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です