直江兼続の憤りは、奥州独立連合に向けられた。

政宗率いる奥州独立連合が南奥州の強敵、会津の上杉攻めを開始した。
軍容は以下の通りである
新潟方面攻撃隊   海上 秋田実季       二千
陸路 伊達家 白石宗実   三千
米沢攻撃隊     本隊伊達政宗 以下
片倉影綱、伊達成実、屋代影頼、など
二万二千
福島方面攻撃隊   南部利直          三千
鬼庭重元          一千
仙台の留守居役として留守政影が残ることになった。
対する上杉方は、主力を米沢に集め邀撃体制を整えている。
直江兼続を総大将にその数一万八千。
米沢は伊達家の旧領で、政宗の旧領回復の気持ちが非常に強い。
上杉の越後旧領回復の執念と同じである。
政宗が馬上より空を見上げる。
<兼続よ、吼え面をかかせてやるわ>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です