小早川秀秋、ここにきて、ようやく結論を出す。

松尾山が慌しくなった。

ここにきて、ようやく秀秋が結論を出したのである。

「これより東軍に付く。全軍西軍の横っ腹を突け」

遂に小早川秀秋が裏切った。

一万五千の大軍団が西軍の伸びきった側面を突く。

家康が喜ぶ。

「こわっぱめ。やっと動き出したか!」

これで情勢が一気に変わった。

これに習い、松尾山麓に陣取る西軍部隊も寝返った。

西軍の大谷吉継は最初から小早川は裏切ると読んでいたが、松尾山麓の部隊も裏切った事は想定外であった。

支えきれなくなった吉継は覚悟した。

もともと、三成方の西軍が勝つとは思ってない。

しかし、三成との義理のため、やむをえず加担した。

吉継は後悔していない。

義の男、大谷吉継はこの後腹を切った。

これで西軍が一気に敗走に入り、関ヶ原での戦いは東軍勝利で終決する。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です