関ヶ原を脱出する島津軍より、石田三成に的を絞った「徳川家康」。

家康が叫ぶ。

「島津はもうよい。三成を討て」

<小早川は未だ動かぬか>

いつの間にか、東軍は宇喜多勢を押し戻し、暫くがっぷりよつ状態となった。

家康は、松尾山に陣する小早川秀秋を恫喝する。

「忠勝、小早川を脅してやれ」

小早川とは、小早川中納言秀秋の事である。

兼ねてより家康へ裏切る事を約してあった。

ちなみに秀秋は一万五千の大軍を連れて来ている。

それが動かないので家康は脅しに出たのであった。

小早川陣内近くに銃声が響いた。

秀秋は狼狽える。

「なんじゃ!」

家老の石見佐渡守が答える。

「殿! 家康殿の催促でござるぞ」

秀秋は未だ迷っている。

<どうすればよいのじゃ>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です