跳ねる、徳川家康と本多正信、「小山評定」前夜。

服部半蔵より“三成動く”の報が入った。

「遂に動いたか」

半眠りであった家康の眠気が吹っ飛ぶ。

「正信を呼べ」

本多正信が浮かれ顔で入ってくる。

「殿、遂に三成が動きましたな」

「うむ、明日は評定を開く。抜かりはないな」

「万時手筈通り。 が、あの男次第でござりまするな」

あの男とは福島正則の事である。

豊臣恩顧キーマン「福島正則」への煽惑。

この会津征伐には豊臣子飼いの大名が多い。

加藤清正がいない以上、福島正則がどう動くかにより他の大名は大きく左右される。

西といったら西に、東といったら東になる可能性が大きい。

正信は、以前から徳川に近づいていた黒田長政に正則説得を一任していた。

正則は三成憎しで家康に味方しているが、家康の野望に気が付いた場合、間違いなく西に付く。

正則は猛将であるが、それだけに単純な所もある。

そんな正則を、口巧みな長政がだましだまし説得していたのである。

また、家康にはもう一つの不安要素があった。

「後、伊達も心配じゃの」

家康が西に引き上げると同時に、間違いなく上杉は追撃に出る。

それを、後方より伊達が牽制し、上杉を釘づけ状態にする必要があった。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です