1.平氏「四流派」と「桓武平氏」

平氏四流派の中で、桓武天皇の子孫にあたる「平」姓を賜った家系を指す平氏を、桓武平氏と呼ぶ。
さらに、葛原親王(かずらわらしんのう)の孫『高望王』(たかもちおう)の流れを組む平氏を特に『桓武平氏』と呼んだ。
織田信長や薩摩の風に送られて・第10章④で登場する七尾城主「畠山氏」も桓武平氏の流れを組む。

平氏四流派

①仁明天皇[54]→仁明平氏 
②文徳天皇[55]→文徳平氏 
③桓武天皇[57]→桓武平氏 桓武天皇の王子、葛原親王(かずらわらしんのう)を祖とする
④光孝天皇[58]→光孝平氏 

桓武平氏と伊勢平氏

桓武平氏「平貞盛」から坂東八平氏として関東に地盤を築くが、四男「平維衡」(たいら の これひら)は、伊勢国に地盤を築く。
これが、伊勢平氏の始まりとなり以降、平正盛の孫『平清盛』が権力を掌握することになる。

2.平清盛の勢力を拡大させた「保元の乱」と「平治の乱」

1156年(保元元)皇位継承問題で崇徳上皇と後白河天皇が対立。
また、摂関家の内紛も複雑に絡むことで『保元の乱』が勃発した。
この時、伊勢平氏『平清盛』、河内源氏『源義朝』が後白河天皇に付き活躍する。
勝利した後白河天皇は、側近の信西に荘園公領制の成立を急がせた。
それに反対する後の二条天皇との間に1159年(平治元)争いが起きる。
これが、平治の乱である。
この戦いでは、最終的には、信西が二条天皇方に付き、清盛もそれに従った。
結果、二条天皇方が勝利し、清盛の権威もさらに増していくのである。
ちなみに、後白河天皇方に付いた源義朝(源頼朝の父)は、この世を去る。

3.平清盛の栄華~平家にあらざれば人にあらず

保元の乱、平治の乱に勝利した平清盛は、後白河上皇・二条上皇の二人に仕え、さらに出家した後白河法皇の猶子として入内することで盤石な体制を築く。
摂関家とも良好な関係を築いた敵なしの清盛に、後白河法皇も焦りを感じ始める。
1179年(治承3)法王は、遂に清盛封じに出るも返り討ちにされてしまう。
これが治承三年の政変であるが、その法皇を幽閉するに至る。

平清盛系図

4.打倒「平家」源氏勢力の挙兵

北陸宮が身を隠していた富山県「朝日」と日本海の荒海

栄華を極める平清盛であったが、横暴な平氏に対する不満が国内に広がった。
後白河法皇の皇子「以仁王」(もちひとおう)が立ち上がり打倒「平清盛」を宣言。
ここに「源平合戦」として後世に伝わる治承・寿永の乱(じしょう・じゅえいのらん)が始まるのである。
北陸からは、北陸宮を擁し源義仲こと「木曽義仲」が倶利伽羅峠の戦いを経て西上し、関東からは、「源頼朝」が挙兵する。
実質的な源氏の大将である源頼朝が挙兵する中、1181年に平家の大将『平清盛』がこの世を去る。
享年64歳であった。

カテゴリー: 戦国武将一覧

1件のコメント

平維盛と倶利伽羅峠の戦い(猿ヶ馬場)の平家軍本陣跡 · 2022年3月13日 7:57 PM

[…] 平維盛(たいらのこれもり)は、平氏一門の嫡流であり平清盛の嫡孫にあたる。平氏一門の嫡流であり、あまりの美貌と容姿から「光源氏の再来」と称された維盛は、対源氏東方における大将軍となった。しかし、1180年(治承3)の富士川の戦い。そして、1183年(寿永2)の倶利伽羅峠の戦い[石川県津幡町と富山県小矢部市の中間]の、いずれも重要な戦いにて大敗北を喫し、その地位も追われることになる。その後、一ノ谷の戦い(1184年)後は、高野山に入り出家するも船で那智の沖にある山成島に渡り入水自殺したとされるが、正式な死因は不明である。 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です