加藤清正が、口を開いた。
「秀頼様、みな揃ってござりまする」
秀頼が、清正から教わった通りに話し出す。
「みなのも、遠路誠にご苦労であった」
家康以外、みな示し合わせていたかのように頭を下げる。
「ははっ。もったいなきお言葉」
清正が、話を進める。
まずは、秀吉が亡くなった後から、今までの経緯を全て述べる。
太閤秀吉が亡くなり、家康が勝手に縁組を行った事。
会津征伐が行われた事。
関ヶ原の事など全て述べた。
清正が、“ふーっ”と溜息をついた後、静かに話始める。
「家康殿にお伺い致す。なぜ勝手な縁組を行ったか申して頂きたい」
<清正め・・あの時は、わしに味方しておったではないか>
家康が応える。
「あれは、わしではなく相手より言い出してきたことじゃ。のお!福島殿、伊達
殿」
正則と政宗は小さな声で応えた。
「はあ」
家康がにやける。
<なんだ、素直じゃのお>
「それとも、このわしに否があるとでもいうのか?」
清正が応える
「べ、別にそのような事は申しておりませぬ」
家康が調子付く
「そうであろう、仮にわしが処罰されるならば、そこにいる福島殿、伊達殿をは
じめ豊臣恩顧の大名を処罰しなければなりませぬぞ」
福島正則が狼狽える。
「それは困りまする」
家康はさらに畳み掛ける。
「それらみな処罰されるならば、わしも素直に従うが」
各大名の表情は暗くなっていたが、家康の表情はそれに反し明るくなった。


1件のコメント

第10章・⑥金沢城 | 家康包囲網、金沢城に集う英雄たち · 2022年2月20日 6:58 PM

[…] 次回は、第10章・7・金沢評定1を掲載します。 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です