政宗の前に、軍神の後継者「上杉景勝」が立ち塞がる。

奥州の北半分は、政宗率いる奥州独立連合の支配権となった。
しかし、奥州全土を手中にするにあたって、避けては通れない敵がいる。
奥州の南、会津百二十万石の大大名、上杉景勝である。
政宗としては、今までの奥州の敵とは比べ物にならない難敵である。
勝てるとも限らない。
家康の会津征伐後、一度は和睦したが、一時的なものである。
上杉景勝は、今は亡き軍神、上杉謙信の後継者である。
戦国初期最強の騎馬軍団率いる武田信玄に、対等に張り合えるのは、上杉謙信率いる越後勢だけであった。
現在、景勝の代となってからは、秀吉から奥州、関東に睨みを利かせるため会津に移封加増されていた。
景勝は、旧領の越後回復を強く望んでいる。
ちなみに現越後は堀秀治が納めている。
会津攻略の作戦が検討された。
日本海側進撃路としては、海上より秋田軍が新潟に上陸し、山形から進撃する白石宗実率いる伊達勢と共に越後北部を占領する。
これは越後旧領回復を目指す上杉軍を動揺させる効果を狙った。
政宗にはもう一つの狙いがあったがおいておく事にする。
会津より北の米沢へは政宗が本隊を率いて侵攻し、福島へは南部利直が侵攻する。
影綱が諸将に促す。
「おのおの方、ご意見あらば遠慮なく申して下され」

冴える若武者!南部利直

利直が確認するように質問した。
「伊達殿、小高の相馬には奥州独立連合に加盟を促したのでござるか?」
「うむ、相馬は父義胤が反伊達派、子利胤が連合入りでもめているらしい」
利直が政宗に確認する。
「それでは、相馬の連合入りは認めてもよいわけでござりまするな」
利直は不適な笑みを浮かる。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です